オンラインポーカー

オンラインポーカーバブル到来

 コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)により、 世界的なStay homeの影響からオンライン人口が急増している。

  Beforeコロナではどんどんと人が減っていたポーカースターズも連日大盛り上がり。Berofeコロナでは平日の深夜のゴールデンタイムでやっと5万人を超えるぐらいだったが今ではざっくり3倍以上の接続人数である。世界自由のカジノが閉鎖された影響から、ライブポーカー勢がオンラインに流れてきたのと、自粛のため自宅でできることということで人が増えているということは自明である。

 今、オンラインポーカーの人数が増加しており、オンラインポーカーはむちゃくちゃアツい時期といえる。

 トーナメントポーカーの参加人数にもいえることだが、参加人数と稼ぎやすさは常に比例関係にある。ポーカースターズの接続人数が多いときは、平均的なレベルは下がり、稼ぎやすくなる。参加人数が多いトーナメントでもレベルは下がり、それだけ儲かりやすい。

 僕が愛して止まないトーナメントポーカープレイヤーであるクラッチヒーローが以前どこかの動画か掲示板の書き込みかで平均的な自分のオンラインポーカーの稼ぎについて話していたが、その時の額も土日は平日の倍ぐらいの額であった。人数が多ければ稼ぎが上がるということは、今回のコロナバブルに限った話ではなく、いつの時代も普遍的に言える事実である。

 僕自身も最近は積極的にオンラインポーカーをするようにしている。サンプルこそは少ないが、Before コロナとコロナNOWの今の成績は見違えるぐらいの成績だ。今の状況が続くうちに稼げるだけ稼いでしまいたい。今の状況がいつまで続くか??というのは誰にも分らないが、個人的にはかなり長期化すると思っている。国境を渡ってライブポーカーが普通に楽しめるようになる日が来るのは1~2年以上先ではないかと考えている。

 ・・・となるとオンラインポーカーバブルはこの先、数年続くのではないか?オンラインポーカープレイヤーにとってはかなり良い時期がしばらく続くのではないかと思っている。ライブポーカーに行けないのはとてもさみしいが、ライブに行けるようになるその日まで、オンラインでしっかり資金を稼いでおきたい。